受付rakuda

風俗顧客管理に関する用語説明

今更聞けない?!難しい専門用語もよくわかる関連用語集

質問をクリック(タップ)すると、回答が表示されます。

Qデリヘル(デリバリーヘルス)

A.デリバリーヘルス(デリヘル)とは派遣形態のファッションヘルスのこと。

略してデリヘルと呼ばれる事が多い。 無店舗型で、自宅やホテルなどに女性を出張し性的サービスを行う業態。

Q顧客管理

A.データベースを利用したマーケティングの方式とそのツールを指す。

最大の目的は、新しい顧客の獲得よりも、過去に商品を購入あるいはサービスの提供を受けていった既存の顧客を継続的に管理し、必要があれば購入意識を高める情報を提供するなど、顧客あたりの購入額を増やすことにある。

つまり、顧客の継続的利用に重点をおいた管理手法である。

Q自動更新

A.情報を書き込みたい掲示板・サイト等の情報を書き込むテーブルに対し、手作業ではなく、「希望時間・指定回数・任意テキスト文」を自動的に書き込み、更新するプログラムを指す。

ポータルサイト側も、サーバーに負荷がかかる事や、他の一般的な作業を行う閲覧者(書き込み者)への公平さを欠くことから、自動更新のプログラム利用者に対して制限をかける事が多い。

そのため、アルゴリズムを多用した、自然な書き込みの動きをするプログラムが求められる。

Q風俗求人ポータルサイト

A.風俗向けポータルサイトに類似した風俗店専門の求人サイトである。集客媒体と同じように詳細な店舗の求人情報を記載する。

対象が接客担当の女性だけに各ポータルは独自の機能やデザインにこだわり、アクセス数の多さを競争している。

最近では店舗による一方通行的な情報公開型よりも、一般の大手求人のリクナビの様な、閲覧者側が自己の希望・経歴などを公開でき、それを閲覧した採用側と自由に連絡をとる事が出来るSNS的機能を持つタイプが多くなっている。

Q風俗ポータルサイト

A.風俗店の情報を網羅し、検索機能等、閲覧者の利便性を図ったサイト。

現在ではそのポータルに登録した店舗の宣伝を兼ねた意味合いを持つ様になっており、一種の風俗店向けの媒体となっている事が多い。

機能としては、掲載されている店舗の女性のプロフィールだけに留まらず、出勤情報やグラビア・動画配信等、多岐に渡る機能が実装され、その機能性の高さに閲覧数がUPする傾向がある。

店舗は出稿掲載を行えば相互リンクされ、SEOの効果を持てることから常に相乗効果の高いサイトへ出稿登録を行っている。

QSFA(エスエフエー)

A.パソコンやインターネットなどの情報通信技術を駆使して企業の営業部門を効率化すること。また、そのための情報システム。

QCRM(シーアールエム)

A.情報システムを応用して企業が顧客と長期的な関係を築く手法のこと。

詳細な顧客データベースを元に、商品の売買から保守サービス、問い合わせやクレームへの対応など、個々の顧客とのすべてのやり取りを一貫して管理することにより実現する。

顧客のニーズにきめ細かく対応することで、顧客の利便性と満足度を高め、顧客を常連客として囲い込んで収益率の極大化をはかることを目的としている。

QRDM(アールディーエム)

A.リレーショナルデータベースのことで、データ管理方式の一つ。また、その方式に基づいて設計されたデータベース。

1970年にIBM社のEdgar F. Codd氏によって提唱されたリレーショナルデータモデルの理論に従っている。 1件のデータを複数の項目(フィールド)の集合として表現し、データの集合をテーブルと呼ばれる表で表す方式。

ID番号や名前などのキーとなるデータを利用して、データの結合や抽出を容易に行うことができる。

中小規模のデータベースでは最も一般的な方法。データベースの操作にはSQLと呼ばれる言語を使うのが一般的。

QSQL(エスキューエル)

A.RDBの操作を行うための言語の一つ。IBM社が開発したもので、ANSI(アメリカ規格協会)やISO(国際標準化機構)によって標準として規格化されている。

SQLは大きく分けてデータ定義言語(DDL:Data Definition Language)、データ操作言語(DML:Data Manipulation Language)、データ制御言語(DCL:Data Control Language)の3種類から構成される。DDLにはテーブルや制約条件などを定義するCREATE文や、 テーブルなどを削除するDROP文などがある。

DMLにはレコードの抽出を行うSELECT文や、テーブルにレコードを挿入するINSERT文、レコードを削除するDELETE文、特定のレコードのフィールドを更新するUPDATE文などがある。

DCLにはトランザクション処理の開始を宣言するBEGIN文、トランザクションの完了を指示するCOMMIT文、トランザクションを取り消すROLLBACK文などが含まれる。

ソフトウェアからデータベースを操作する場合には、プログラム上でSQL文を生成してこれをRDBMSに発行し、操作を実行する。

このため、多くのプログラミング言語処理系や実行環境では、RDBMSに接続してSQL文を発行し結果を受け取るためのプログラミングインターフェースが用意されている。

SQLにはANSIなどが定めた「SQL92」や「SQL99」といった標準規格はあるものの、個々のRDBMSによる独自拡張が数多くあり、システム開発の現場では拡張仕様を駆使してソフトウェアを開発するのが常態となっているため、互換性の確保はなかなか進んでいない。

なお、「Structured Query Language」という略称はIBM社の言語についてのものであり、標準規格のSQLの方は公式には何の略でもないということになっている。

QDB(ディービー) : データベース

A.複数のアプリケーションソフトまたはユーザによって共有されるデータの集合のこと。

また、その管理システムを含める場合もある。データベースという言葉は1950年代に米軍によって使われ出した。

データの集まりを表の形で表現するリレーショナルデータベースが主流だが、近年では、データの集合を、手続きとデータを一体化したオブジェクトの集合として扱うオブジェクトデータベースが大規模システムなどで利用され始めている。

QxDSL(エックスディーエスエル)

A.電話線を使って高速なデジタルデータ通信をする技術の総称。

既存の電話線を流用できるので、光ファイバーが普及するまでの「つなぎ」サービスとして急速に普及しているが、電話局と利用者の距離が短くないと使えない、日本ではISDNと混信する恐れがあるなどの欠点もある。

Qアナログ回線

A.アナログ信号で音声やデータを送受信する回線。普通、電話回線、それもいわゆる「ごく普通の昔からある電話回線」を指す。

すべてのやり取りをデジタルデータ化して送受信するデジタル回線の一種であるISDN回線と対比する文脈で用いられる語。

日本ではISDN回線に食われる形でアナログ回線の加入者数は減少していたが、ISDNよりも高速なADSLはアナログ回線でしか使用できないため、ADSL実用化後はアナログ回線の加入者数は増加に転じている。

Q光回線

A.光ファイバー回線を利用したIP電話サービス。音声をデータに変換して、光ファイバーを使って相手と送受信することにより通話を行う。

引っ越し先で電話回線を引いていない場合などは、メタル回線を申し込まなくても光ファイバー回線のみでインターネット接続サービスと加入電話サービスが受けられ、料金プランなどによってはADSLなどを利用するより高速で安価に通信サービスが利用できる場合もある。

ADSLなどを利用したIP電話は電話番号が「050」から始まるIP電話専用の電話番号になってしまったり、110番や119番などへの緊急通報を利用することができないなどのデメリットがあった。

しかし、光IP電話は現在利用している「03」「06」などで始まる一般加入電話番号を光IP電話にそのまま引き継いで利用することができる。

緊急電話への発信もでき、音質も良く、通常の加入電話サービスとほとんど大差なく利用できる。

QADSL(エーディーエスエル)

A.電話線を使い高速なデータ通信を行う技術。電話の音声を伝えるのには使わない、高い周波数帯を使って通信を行うxDSL技術の一種で、一般の加入電話に使われている1対の電話線を使って通信する。

「非対称(asymmetric)」の名の通り、ユーザ側から見てダウンロードに相当する、電話局→利用者方向(下り)の通信速度は1.5〜約50Mbps、その逆のアップロードにあたる 利用者→電話局方向(上り)の通信速度は0.5〜約12Mbpsと、通信方向によって最高速度が違っている。

ADSLが使っている周波数帯は電気信号の劣化が激しいため、ADSLを利用できるのは電話線の長さがおよそ6〜7kmまでの電話回線に限られる。

また、ADSLを利用できる電話回線でも、実際の通信速度は回線の距離や質に大きく影響される。

QISDN(アイエスディーエヌ)

A.電話やFAX、データ通信を統合して扱うデジタル通信網。日本ではNTTが「INSネット」の名称でサービスを提供している。

国際電気通信連合電気通信セクタ(ITU-TS)によって標準化されている。

現在各国で提供されているサービスのほとんどはハードウェアとして通常の電話線を使ったN-ISDNであり、3本のチャネル(論理回線)で構成される。

通信速度16kbpsのDチャネル(1本)は制御用、64kbpsのBチャネル(2本)は通信用である。

2回線同時に使用できるので、電話をかけながらインターネットに接続したりできる。

また、2回線を束ねて128kbpsの高速通信を行うことも可能である。

QCTI(シーティーアイ)

A.電話をコンピュータシステムに統合する技術。サポートセンター、お客様相談室など、顧客に電話で応対するコールセンター業務に広く利用されている。

最近では顧客データベースと連携したシステムが増えており、顧客のプロフィールや過去の応対履歴、購入履歴などを参照しながら的確なサポートを提供することができるようになっている。

こうしたCTIを含めた統合型の顧客対応システムはCRMと呼ばれることもある。

rakuda

年中無休/全国対応/質問のみ大歓迎

営業時間/10:00-20:00(電話受付)

メールは24時間受付中!